副業で上司の給料を超えた!!平社員のブログ

マインド | 出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!


テーマ:マインド
身近なチャンス

感度を高くするが大切!

 

サラリーマンをやっていると、

会社で働くことがすべてのような気がします。

 

世の中の多くの人が、同じように生きているので

その他の生き方について否定的になることもあります。

 

そのため、自分の周りにあるチャンスに

気づかないことが多々あるのです。

 

 

最近私は、ある人と知り合いました。

会社の同期の知人です。

 

その人は、家で仕事をしています。

 

会社に行かずして、毎月生活できるほどの収入を得ているのです。

 

私はその時に思いました。

 

自宅で収入を得る方法を教えてもらいたい!

 

あなたはどう思いましたか?

 

普通のサラリーマンだと、

そうなんだー。安定収入無いから大変だね。

と考えるだけで終わってしまうのではないでしょうか。

 

以前の私もそう考えていたと思います。

 

しかし、今の私はその方法が気になって仕方ありません

 

そして、その人と仲良くなり弟子入りすることになりました。

 

弟子といってもただ教えてもらうだけですが。。。

 

教えることをビジネスにしている人ではないので

無料で教えてもらうことになっています。

 

その代わりに、私の趣味のレクチャーをすることになっています。

 

Give and Takeですねw

 

その稼ぐ内容は今回の主題ではないのでお話しません。

本当に稼げるようになったら、記事にしたいと思います。

 

今回の大切なところは、

「身近に先生はいる」

ということです。

 

それに気づくことが大切なのです。

 

では、どのような人を探せばよいのか。

 

それはとても簡単です。

 

会社以外から収入を得ている人

を探して知り合いになればよいのです。

 

サラリーマン以外の人は、自分で収入を得ています。

 

つまり、サラリーマン以外の人は、

あなたに無いスキルを持っているということです。

 

それを、学べばよいわけなのです。

 

アフィリエイトを進めている私が、

別のことを薦めるのもどうかという気がしますが、

「何であれやってみる」という考えは重要です。

 

サラリーマンの「安定」に縛られず

新たな世界への行動をやってみるのも

人生の楽しみだと思いますよ。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:マインド
失敗したくない

失敗したくないと思ってはいけない!

 

物事を始めるとき

「失敗したくない」

と思いますよね。

 

特にサラリーマンは、

「失敗したくない」

と感じることが多いです。

 

あなたが副業を始めたときにも、

「成功したい、失敗したくない」

という考えが浮かびます。

 

この「成功したい」と「失敗したくない」ですが、

同義のように感じている人が多いのですが

あなたはどうですか?

 

実は「成功したい」とは思っていいのですが、

「失敗したくない」とは思ってはいけないのです。

 

「成功したい」はあなたの原動力になります。

しかし、「失敗したくない」は抑止力になってしまいます。

 

「失敗したくない」という考えを持っていては、

万全の準備をしてからでないと物事に取り掛かれません。

 

そのため、一生懸命に学び、準備し、すべてを把握し、

その後に「行動」に移ります。

 

その道のりは、結構長いですよね。

 

その結果、「失敗したくない」という考えは

行動すら起こさず、序盤で諦めてしまう原因になってしまいます。

 

行動すら起こさずに、やめてしまうならば

失敗してでも行動してみるべきですよね。

 

「成功」には「行動」が必要なことは

誰しも分かっています

 

その「行動」を抑制する考えは

当然のことながらよくない考えです。

 

「失敗してもいい」ぐらいの考えで

物事を始める方が、結果的に「成功」に繋がるのです。

 

つまり、

「最初から良い結果を出そう」

なんて考えてはいけないのです。

 

「最初からいい結果は出ない」という考えをもって

行動してみると、それだけでちょっと気が楽だと思います。

 

あなたが副業を始めるときにも、

「失敗してもいい」

ぐらいの気持ちで始めてみて下さい。

 

そもそも、ビジネスなんて最初から上手くいくはずがないのですから。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:マインド
たった一つのこと

 

前回のブログ(「長続きしない」を変える方法1)で、

「長続きしない」が起きる理由についてかきましたので

今回は、「どうやれば長続きするか」について書きたいと思います。

 

 

実は、これはとても簡単な方法でできます。

 

それは

「一日たった一つのことを達成する」

というやり方です。

 

この「たった一つのこと」は

ほんの些細なことで構いません。

 

というか、ほんの些細なことが良いのです。

 

例えば、何かを学ぶならば、

「昨日は知らなかったことを今日は覚えた」

でいいのです。

 

例えば、ダイエットだと

「昨日より1分多くウォーキングをした」

とかで構いません。

 

このような「些細なこと」が重要です。

 

達成が難しいことは

「面倒だ」「しんどい」

という感情を生みます。

 

それが継続を断ち切る罠なのです。

 

この方法は、

大きな目標を達成するまでには時間がかかります。

 

しかし、効率よくと考えて結局達成されない事よりも

時間がかかっても達成されることが大事だということです。

 

期限を切って効率的にと思い、

長続きしなかった経験のある人には非常に有効的な方法です。

 

あなたが、次に何かを始めようと思った時には

「一日たった一つの些細なことを達成する」

ということをやってみて下さい。

 

些細なことなので、達成できない日はありません。

 

この達成できない日がないというのが、

すでに継続できているということですよね。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:マインド
長続きしない

「効率的」は魅力的!?

 

何かを始めても

「長続きしない」

ってことないですか?

 

そんな経験はない!って人は

なかなかいませんよね。

 

長続きしない時っていろいろな原因があるのですが、

その中で最も多くの人が犯している間違った考え方についてお話します。

 

まず、何かを始めるときって

「〇〇をいつまでに達成する」

という目標を立てるかと思います。

 

そしてそこから、日々何をすればよいかを決めていきます。

 

期限までに達成できるように、「効率的な方法」を探します。

 

探していくと、

「たった○ヵ月で達成できます」

「今までにない方法で簡単に達成できます」

という方法がたくさんあります。

 

まずここで、

「どの方法にするか悩んでしまい始められない」

という罠が潜んでいます。

 

次に、

「たった○ヵ月で達成できる」

ならもう少し余裕があるからまだ大丈夫という罠があります。

 

それも乗り越えて毎日努力をしたとします。

 

しかし、「たった○ヵ月で…」とか「簡単に…」というような方法には

「○○はわかっている前提で…」という言葉が隠れています。

 

きっとあなたは、その方法を始めて少し経つと

「あれもやらないと、こっちもやらないと、でもやり方がわからない」

という風になってしまいます。

 

「あー、、、今日はいいや、、、」

 

ってなりますよね。

 

さて、このような流れになることの大きな原因は何でしょうか?

 

長続きしない原因は、

長続きさせたいのに「期限を切る」ということです。

そして何よりも、

期限を切ることで「効率的な方法」を実行しようとすることです。

 

この流れからわかるように、

どんなに効率的でも継続できなければ意味がないのです。

 

当然のことなのですが、

本当に価値があるのは

効率性よりも継続性なのです。

 

大人になるとなんでも効率的にやろうと考えます。

 

しかし、「効率的」というのは

「続けられたら最も早く目標を達成できる」

というものなのです。

 

勘違いしている人が多いのですが、

「効率的だから続けられる」というわけではないのです。

 

そこで気になるのは

「どのようにすれば継続できるのか」

ということが気になりますよね。

 

長くなりましたので、その内容は次回にお話しします。

 

「長続きしない」を変える方法2

 

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:マインド
勝ち組、負け組

あなたは勝ち組?負け組?

 

「今の世の中、仕事があるだけ幸せ」とよく言われますよね。

 

もしかして、あなたもそう思っていませんか?

実はそれはとても危険なことです。

 

 

「仕事があるだけ幸せ」という言葉を

ちょっと言い換えてみます。

 

「どんな仕事でもあれば幸せ」

・・・

 

「どんな仕事でも喜んでやります」

・・・

 

なんだか社畜の発言になってきましたね。

 

 

 

世の中の大半の人は、人生のほとんどの時間を仕事に使います。

あなたも私も例外ではありません。

 

あなたは嫌な仕事をして人生の大半の時間を使ったとします。

それは幸せと言えますか?

 

そうは思えないですよね。

 

そもそも、今の仕事が楽しかったり、やりがいがあったりした場合に

「仕事があるだけ幸せ」なんて言わないですよね。

 

つまり、「仕事があるだけ幸せ」と言っている人は負け組なのです。

「仕事があるだけ幸せ」という言葉自体が、諦めの言葉なのです。

 

そういう私も以前は「仕事があるだけ幸せ」と思っていたので負け組でした。

 

私はこの負け組とは「自分に負けた」と考えています。

 

「仕事があるだけ幸せ」と思っている時点で

もっとなりたい自分があるはずです。

もっと自分に合う仕事がどこかにあると感じているはずです。

 

「仕事があるだけ幸せ」とは

なりたい自分になることを諦めた考えです。

 

だから「自分に負けた」と私は捉えています。

 

ですので、

今現在成功していないが、なりたい自分を模索している状態であっても、

勝ち組なのです。

 

 

今回の勝ち組と負け組の考え方は

他人と比較するものではありません。

 

勝ち組、負け組のどちらになるかは

自分の中だけで完結するものなのです。

 

つまり、自分次第なのです。

 

あなたは、勝ち組ですか?負け組ですか?

 

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:マインド

「またか!」は重要なメッセージ!?

 

例えば、副業を始めようとしたときに、

「マインド」という話がよく出てきます。

 

もう本当に「またか!」と思うくらい出てきます。

 

もう「マインド」という単語が出ただけで

「またか!」と思いませんか?

 

その気持ちはとても分かります。

 

しかし、多くの人は本当に正しい「またか!」を

感じてはいないと思います。

 

「マインドの話」といっても、実際に注意深く話や記事を

考えていくと、同じことは言っていない様に感じるはずです。

 

つまり、「マインド」というだけで一括りにしてしまっていたということです。

 

そのように大雑把に一括りにしていたのでは、良い知識を学ぶことはできません。

 

では、一括りにせずにいろんな意見を取り入れればよいのでしょうか。

 

 

それらをなんでもかんでも重要だと言って取り入れていては

何が本当に重要かわからなくなってしまいます。

 

 

そこで、物事を学ぶときにはある一つのことに注意します。

 

 

それは、

「複数人が言っていることの共通点を探す」

ということです。

 

最初に戻ったような気がしますが、

「話の違いに気づき、そこから更に共通点を探す」

という言うことが重要なのです。

 

その理由は

「違う話の中にある共通の考えは、核心でありそれこそが基礎である」

からです。

 

この共通点を見つけたときに

本当の「またか!」に出会えるのです。

 

 

 

このように、共通点を探す習慣はそれまで聞き流していた話を

自分を成長させる話に変える力があります。

 

自分を成長させる機会とは

ちょっとしたことに気づくことで無限に存在します。

 

これは副業に限ったことではないので、

是非「共通点を探す習慣」を身に付けて

本当の「またか!」に出会ってください。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:マインド

人生の楽しみは変化にある!!

 

サラリーマンをしていると

「今日もまた同じ」

と感じることが多くないですか?

 

仕事内容もほとんど変わらずに

毎日毎日同じことの繰り返し。

 

できて当たり前。

失敗すると怒られる。

 

あなたもそう感じたことはないですか?

 

一般的にいう安定を求めた人生は

「同じ毎日の繰り返し」

になっています。

 

「同じ毎日」抜け出そうと行動した人生は

「変化の毎日」となります。

 

私は、同じ毎日がとても嫌でした。

そして、同じ毎日から抜け出したいと思っていました。

 

しかし、最初に「大きな変化」を起こさないと

「同じ毎日」からは抜け出せません。

 

そのことをわかっていながら

「大きな変化」を嫌い、動けませんでした。

 

しかし、

「変化を求めているのに、変化を恐れている」

という矛盾に気付きました。

 

そして、私は変化を受け入れる決断をしました。

 

今のまま「同じ毎日」を生きていくか

「変化の日々」を生きていくか

それは、あなた次第です。

 

誰も強要しません。

 

でも、私から言えることは

多くの人が思っているほど

実は「変化」って怖いものではないですよ。

 

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキングへ



テーマ:マインド

自分には何もないは思い込み!!

 

ネットビジネスを始めるとき、

「自分には得意なことが何もない」

と感じる人が多くいます。

 

あなたもそう感じていませんか?

 

実は私もそう感じていました。

 

ですが、その考えは間違いです。

 

あなたが何年も仕事をしてきて他の人よりも

秀でている物がないなってことはあり得ないのです。

 

 

例えば、飲食店で10年働いたとしましょう。

 

そうすれば、お客様がどのような時に来るかが

わかると思います。

 

毎朝、

「今日はお客様が多そうだ」

「今日はたぶん暇だな」

などと考えると思います。

 

何気なく考えているかと思いますが、

それはお客様がどのような心理で行動を起こすかを

経験によって知っているからです。

 

その考え方を、

「お客様がネットビジネスで商品を買う」

という行動に置き換えればよいのです。

 

また、お客様の行動を推測することができれば、

それ自体を苦手な人に教えることもできます。

 

サラリーマンでも同じです。

 

事務職の人は、

PCを使うこと、まとめ、管理等が得意です。

 

経理関係だと

お金の流れについて考えることが得意です。

 

営業の人は、

成約させることが得意です。

 

職種だけでなく、

話題のブラック企業に勤めているとしたら、

その経験自体が人を引き付ける効果にもなります。

 

職を転々としている人は

深い経験は無かったとしても

広い経験を持っています。

 

得意といっても、

「普通の人よりも得意」

というレベルでいいのです。

 

あなたの経験は、必ず価値があります。

 

 

その経験自体が、

「あなたの得意なこと」

になるのです。

 

経験=得意 

 

と考えると、あなたの得意なことって

たくさんありますよ。

 

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキングへ



テーマ:マインド

無意識状態に入る流れをつかむ!!

 

前回の記事(こちら)で、

無意識状態(フロー状態)の重要性についてお話ししました。

 

今回は、

「無意識状態に入る最低条件」

というものがあります。

 

今回はその条件に付いてお話します。

 

 

無意識状態に入る最低条件

1.その行動以外に気になることがない

 

無意識状態で行動したいこと以外は

さっさと済ませてしましましょう。

 

無意識状態に入りたい行動が2つ以上あるときには

時間を決めて(確実なスケジューリングを行って)行動をしてください。

※効率のよりスケジューリングについてはこちらの記事をご覧下さい。

 

そうすることで、1つのことに集中できます。

 

 

2.周囲からの邪魔が入らない

 

仕事だとなかなか難しいこともありますが、

できる限り、連絡が来る可能性などは事前に済ませておきます。

 

休日などに副業を行うときは、

携帯電話の電源は切っておく方が良いです。

 

 

3.自分自身にやる気がある

 

これは、あなたのやる気次第です。

その行動の結果で良いことが起きるという想像をして

意識を高めてください。

 

 

少なくともこれら3つの条件がそろわない限り

無意識状態には入れません。

 

何かで成功している人は、

この無意識状態をうまくコントロールしています。

 

スポーツ選手などがわかりやすいと思います。

 

 

無意識状態をコントロールすることは

慣れないうちはとても難しく感じると思いますが、

やっていくうちに確実に慣れてきます。

 

私が副業として薦めているアフィリエイトというものは

PCに向かって黙々と作業をすることが多くあります。

 

そんな時に、無意識状態に入ることができれば

他の人と大きく差をつけることができます。

 

また、会社での仕事の後では

副業に充てる時間が限られます。

 

そのような時間がない時こそ無意識状態は非常に有利です。

 

是非、3つの条件を意識して

チャレンジしてみてください。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキングへ



テーマ:マインド

意識している間は普通!

 

物事に取り組むときに集中しすぎると

「無意識状態(フロー状態)」

になることがあります。

 

何も考えていない状態ではないですよ。

 

考えているということすら

意識しない状態のことです。

 

簡単に言うと

「いつの間にか、こんな時間だ!」

と感じたときのことです。

 

この時は、非常に高いパフォーマンスを発揮しています。

 

例えば、

・趣味に没頭しているとき

・仕事をテキパキとこなしているとき

・何かに必死な時

を思い浮かべて下さい。

 

実際に行動している時は、

いろいろなことを考え、頑張っているはずです。

 

しかし、気づくのはそれが過ぎた後です。

 

そして、

「無意識状態では、いつもより多くの行動ができた」

と感じているはずです。

 

これは、誰にでも経験があることです。

 

もちろんあなたも経験があるはずです。

 

無意識状態での行動は、そうでない時の行動よりも

確実にハイパフォーマンスです。

 

つまり、無意識状態での行動が多い人は

「他の人よりも優れた行動力(処理能力)を持っている」

ということなのです。

 

しかし、どうやって無意識状態に入るかが問題です。

 

そして、無意識状態での行動はその後に疲れが来るという問題もあります。

 

ですので、まずどの行動を無意識状態でやりたいかを決め、

その行動で無意識状態に入る必要があります。

 

しかし、無意識状態への入り方は

人それぞれ違うので一概にこうすると良いとは言えません。

 

とはいえ、それでは困りますよね。

 

ですので、次回の記事では

無意識状態に入る最低条件

をご紹介します。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキングへ


出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!