副業で上司の給料を超えた!!平社員のブログ

ビジネス | 出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!


テーマ:ビジネス

今回も本当に大丈夫?

 

「物事の判断は速い方が良い」

と良く言われます。

 

私もそう思います。

 

しかし、即断即決には罠が潜んでいることがあります。

 

それは、

「過去の経験によって、速い判断を行う」

というものです。

 

そもそも、判断が速い人は過去の経験等から

決断していることが多いのです。

 

私にも経験があります。

あなたにもありますよね。

 

しかし、その決断をした際に、

現在の状況についても注意深く考えてみましたか?

 

経験というものは自信に繋がるものなので

「自分の経験から決めたことは、盲目的に信じてしまう」

という状況に陥ることがあります。

 

その結果、その即決は手痛いものになってしまうかもしれません。

 

そうならないためには、

過去の経験は「過去のもの」という当然の前提をしっかりと認識し、

その上で、過去と現在の状況や環境の違いに目を向け判断をすることが重要なのです。

 

人は、経験によって成長し、成果を上げていくものですが、

時には経験があるからこそ起こしてしまう失敗があります。

 

アフィリエイトでも経験によってのみ判断してしまったばかりに

収入がどんどん減っていく人もいます。

 

現状をしっかり見ることができれば、

経験にアレンジする程度で大きな成果を上げることもできるのです。

 

しかも経験があるからこそ、アレンジも即決できるはずなのです。

 

あなたが今までに経験してきたことは、

非常に貴重であり、大きな財産です。

 

そしてその経験からの即断即決は大きな武器です。

 

だからこそ、現在をしっかり判断した上での即決こそが、

本当の価値ある判断だということを忘れないでください。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキングへ



テーマ:ビジネス

下記リンクをクリックいただけると励みになります。


人気ブログランキングへ


 

悪い時期になって足掻く人が大半!!

 

副業をやっていると、良い時期の後に悪い時期が必ずやってきます。

 

多くの人は、悪い時期、つまり上手くいかない時に

どうすれば上手くいくかを考えだします。

 

そして、いろいろな施策を行うわけですが、

なかなか良い結果が出ないものなのです。

 

何故かというと、物事は種を撒いても実るまでには時間がかかるものだからです。

 

悪い時期になってから行動を起こしても間に合わないのです。

 

つまり、

①良い時期⇒②悪い時期⇒③良い時期

というような流れを作るためには

①の良い時期に種を仕込んでおかないといけないのです。

 

良い時期とは誰しも気が緩んでしまうものなので、

多くの人がここで失敗をします。

 

副業を始めたばかりの時は、誰しも一度

「良い時期に種を仕込んでいないために苦労する」

ことを経験します。

 

それは、始めは「悪い時期」からスタートするからです。

 

そもそも、知識も経験も無く、当然副業での収入もないわけですから

悪い時期⇒良い時期

という変化を一番最初に経験する訳です。

 

しかし、これを経験し苦労するにもかかわらず、

良い時期を迎えると油断してしまいます。

 

あなたが、副業を始め努力をすれば

・最初の報酬を得たとき

・小遣い程度の収入を安定的に稼げるようになったとき

というような、喜びの瞬間が必ず訪れます。

 

大いに喜び、感動して良いのですが、

そんな良い時期にこそ、その後のための次なる施策を考え行動に移すように心掛けてください。

 


少しでも参考になりましたら

下記リンクをクリックいただけると励みになります。


人気ブログランキングへ


 


テーマ:ビジネス

 

今回は私が今の生活を手に入れるきっかけとなった

本を紹介したいと思います。

 

その本は

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」

著者:ロバート・キヨサキ氏

です。

 

ビジネスを始めようと考えている人は

すでに読んだ方が多いかもしれません。

 

もし、副業をやってみようと思っていて、
「まだ読んでいない」
と言うのであれば必ず読んで頂きたいです。

 

そして、ビジネスを始めようと思っていない人でも

「確かに世の中ってそうなっている!!」

と気付くことのできる内容ですので、この記事だけでも読んでみて下さい。

 

※この記事では詳細まで触れられないので

詳細が気になった方はぜひ実際に本を読んでみてください。

 

 

私が本を読んで

この本を悪くいっている人もいますが、

当時普通のサラリーマンだった私には衝撃的な内容でした。

そして、自分に当てはまることが非常に多く驚きました。

 

この本を読むことで

「自分を変えよう!!」

と決意することができました。

 

 

お金を稼ぐための4つの働き方

この本に書かれている最も重要なことですが、

「世の中でお金を稼ぐには4つの属性のどこかに所属する必要がある」

と定義されています。

 

この4つの属性を「クワドラント」と呼び

それは、下記の図のように表されています。

 

%e5%9b%b31

 

それぞれを少し詳しく説明すると

 

■Eの従業員:雇われて働く人

この属性の人が世の中の大半です。

安定・安全思考タイプと言えます。

 

■Sの自営業者:個人事業を行っている人

この属性の人は、人に使われるのが嫌で、

さらに人に任せるよりも自分でやろうとするタイプ。

 

■Bのビジネスオーナー:ビジネスを立ち上げる人

この属性の人は、リーダーとなるタイプです。

ビジネスシステムを考え4つのクワトラントから人を集め、

それぞれに任せることで自分はビジネスについて考える時間を重要視します。

 

■Iの投資家:企業などに投資する人

お金でお金を生み出すタイプです。

不労所得を得るにはこの投資が必要です。

 

それぞれのタイプがありますが、

あなたはどこに属していますか?

 

大半はEかSですよね。

 

この2つの属性ですが

EとSは成功すればするほど自分の時間が無くなる、

つまり忙しくなるという性質があります。

 

逆に

BとIは成功すればするほど自由な時間が増えるという性質を持っています。

 

何故かというと、

EとSは自分の時間を収入に変えているからです。

 

BとIは、EとSの時間を使って収入を得ているのです。

 

Bはビジネスを立ち上げてしまえば

それを他の人に任せ、自分は指示を出す立場になります。

つまり、他の人の時間を自分の時間として使って収入を得ています。

 

Iにおいては、例えば企業に投資し、

その企業が成功すれば、利益を得ることができます。

これは、企業で働いている人の時間を自分のものにしている

と言うことになります。

 

このように、

クワドラントの右側(B,I)が左側(E,S)の時間を使って儲けている

と言うのが、現代社会の構造です。

 

この本は左側にいる人にとっては

非常に残酷な現実が書かれているため、

目を背けたい気持ちになるかも知れません。

 

私もこの本を読んだときに、

実際にこの社会にいながら、気づいていない、、、

いや気付かないようにしていた事実を

明確に提示された気がして愕然としました。

 

しかし私は、

「左側から絶対に抜けだす!!」

と、決心したのです。

 

今もまだ右側には行けていないと思いますが

本を読んだ当時よりも確実に右側に近づいていると感じています。

 

最後に

実はこの本は

「金持ち父さん、貧乏父さん」

と言う本のシリーズなので、

出来れば、「金持ち父さん、貧乏父さん」から

読んでみて頂きたいと思います。

 

これらの本には、

「どうやったらクワドラントの右側に行けるか」

と言うこともかかれていますので、

1度は読んでみる価値があると思います。

出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!