副業で上司の給料を超えた!!平社員のブログ

商品や行動を薦めるときの失敗 | 出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!


テーマ:商品販売

「でも・・・」は失敗する

 

サラリーマンが副業を始めたときに

ぶつかる壁があります。

 

商品などの「薦め方」がわからないのです。

 

そして、薦めすぎて失敗します。

 

薦め過ぎているときによく使っている言葉があります。

 

「~ですよね」「でも・・・」

という言葉です。

 

例えば、仕事で英語ができた方がいいなという悩みを抱えている人に

英語の教材を薦めるときに、

 

仕事が忙しいから勉強する暇ないですよね。

でも、時間って作るものなのですよ。皆さん最初は時間がないというのですが、

実際何とかやってますし、大丈夫ですよ。

 

と言ってしまうと、ちょっと嫌な気がしませんか?

「頑張ってやりなよ」と言われているような気がします。

 

しかし、

 

仕事が忙しいから勉強する暇が取れるか心配ですよね。

だからこそ、この英語の能力を上げることに時間を使って頂きたいのです。

このままだといつまでも忙しいままだと思うんですよ。

最初はきついと思いますが、すぐに英語力が上がって

仕事が速くなり時間が取れるように変わってくると思います。

 

と言われたらどうでしょうか。

 

なんだか英語力が付いた後の自分を想像してやる気ができる気がしませんか?

自分から時間を作ろうという気になりませんか?

 

以前、記事に書きましたが

クロージングとは顧客の悩みを解決して達成されるのです。

(以前の記事はこちら

 

悩みがある⇒だからこそ・・・

という流れの方が、未来を想像しやすいのです。

 

今回は、「でも」と「だからこそ」という話ですが、

顧客が未来を想像しやすい言葉を選ぶということを

考えるようにするといろいろな言葉の使い方の良し悪しに気づくようになりますよ。

 

 


少しでも参考になりましたら

下記リンクをクリックいただけると励みになります。


人気ブログランキングへ


 

出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!