副業で上司の給料を超えた!!平社員のブログ

伝えるときによくやってしまう失敗 2 | 出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!


テーマ:ブログ(記事関連)

 

会話で一貫性を保つのは難しい!?

 

前回の記事では、

何かを伝えるときによくやってしまう失敗として

 

  • 一貫性がない
  • 情報が多すぎる
  • 相手に流される

 

というものがあると説明し、

 

「記事での一貫性」

について書きました。

 

今回は、

「会話の中での一貫性」

について書きたいと思います。

 

会話の中で一貫性を保つことは非常に難しいことです。

なぜなら、会話はテンポよく進むものなので発言する前に見直すことができないからです。

 

記事を書くときと同じで、

あなたが当然と思い敢えて触れなかったことに相手は矛盾を感じてしまいます。

 

このことより、会話の中では少なからず

相手に矛盾を感じさせていると考えた方が良いと思います。

 

そこで、あなたに対する相手の印象が大切になってきます。

 

人は誰かの話を聞いて矛盾を感じた時に

その人の印象が良いと、

「きっと○○ということだろう」

と自分の中で考えて矛盾を取り去ります。

 

あなたの印象が良いと、相手の脳内で良い方に変換してくれるのです。

 

逆に印象が悪いと

「この人は矛盾していることを言っているので信用できない」

と感じ、最悪の場合には矛盾を探すようになってしまいます。

 

あなたの印象が悪いと、相手の脳内で悪い方向に変換されてしまいます。

 

たとえ同じ内容を言ったとしても、印象次第で結果が変わるのです。

 

では、印象をよくするにはどのようにしたらよいでしょうか。

 

もっとも重要なことは

「相手の意見を聞き入れる」

ということです。

 

人は、自分の意見を聞いてくれる人に良い印象を持ちます。

※もちろん、なんでも相手の言う通りにするということではないですよ。

 

自分の意見を主張しつつ、相手の意見を聞き

それを認め、そんな中で自分の意見を再度主張する。

 

といったことを繰り返すことで、

「お互いの意見をすり合わせている」

「意見交換ができている」

という状態になります。

 

こうなると、お互いに非常に良い関係になれます。

 

ここで重要なのことは、

最初に自分から相手の意見を聞き入れるようにすることです。

 

 

 

あなたが、誰かと会話するときに

自分の意見ばかり主張している会話になっていることはないでしょうか。

 

まずは、手の意見を聞き入れる。

これによって、良い印象を与えることから始めるようにしてみませんか?

 

出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!