副業で上司の給料を超えた!!平社員のブログ

伝えるときによくやってしまう失敗 1 | 出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!


テーマ:ブログ(記事関連)

 

 

情報が上手く伝わらない!?


誰かに何かを伝えたいときに、よくやってしまう失敗があります。

 

その失敗には、

  • 一貫性がない
  • 情報が多すぎる
  • 相手に流される

というものです。

 

これらは、会話の時によく起きます。

 

ブログのように、記事(文字)で伝えるときには、

何度も読み返したり、誰かにチェックして貰うことで

これらの失敗を起こす可能性が低くなります。

 

しかし、読み返しすらやっていない時には

これらのことが記事でも起きてしまうので注意が必要です。

 

まずは、「一貫性がない」について、記事にしたいと思います。

 

残りは別途に記事にしたいと思います。

 

 

一貫性がない話

「一貫性がない話」になってしまうと、矛盾が生じ、

相手に言っていることのすべてがよくわからいという印象を与えてしまいます。

 

こうなってしまっては、その後にどんなに良いことを言っても、

相手は真剣に受け止めてくれないという非常に残念な状況になってしまいます。

 

では、なぜ一貫性を失ってしまうのでしょうか?

 

一貫性を保つことというのは非常に難しいことなのです。

 

たとえ、あなたの頭の中では一貫性が保たれていたとしても

相手に伝わるときには一貫性が失われていることがあります。

 

実は前回の私の記事で良い例がありましたので紹介します。

 

前回の記事「お金の使い方を間違っている!?」の中で

私は「浪費よりも投資をするべきだ」という内容を書きました。

 

趣味に3万円使うのに教材に3万円使うのを

躊躇うのはおかしいという話でしたので

趣味=浪費」という流れの話となりました。

 

しかし、さらに前の記事「どうしてもやる気が出ない時」の内容で、

やる気が出ない時は思い切ってやらない」ということで

リフレッシュするという内容を書きました。

 

これって、矛盾していますよね。

 

リフレッシュ=趣味だとすると、趣味=浪費ならダメじゃないかということです。

 

私の中では、過剰でなければ趣味にお金を使うことは問題ないことで

それ自体を否定したいわけではなかったのです。

 

それは私の中では当然のことだったため、

下書き時点では、そこに触れていませんでした。

 

しかし、下書きを読んてもらった方に

「この間の内容とちょっと矛盾がない?」

と言われて気付いたのです。

 

そして

「趣味やちょっとした贅沢にお金を使うことが全くダメというわけではありません。

それによって心を癒すことができるからです。」

という内容を追加しました。

 

このように、自分の中では一貫性があっても

相手は一貫性が失われていると感じる状態た生まれるため

一貫性を保つことは非常に難しいことなのです。

 

記事での一貫性については、読み返すということが

非常に大事になってきます。

 

しかも、記事を書いた翌日以降に読み返すことが大切です。

 

何故かというと、脳内に記事の内容が鮮明に残っているうちは

記事に違和感を感じることができないからです。

 

一貫性の喪失については、情報発信者よりも情報を受け取る側の方が

敏感に反応しますので、

記事を書いた後は「一貫性に問題ないか」

について考えてから公開することをお勧めします。

 

会話での一貫性についても、書きたかったのですが、

長くなりましたので次回にしたいと思います。

 

出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!