副業で上司の給料を超えた!!平社員のブログ

○○ができないと共感を得られない!? | 出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!


テーマ:ブログ(記事関連)

 

多くの人に認められるときに必要なこと

前回の記事では、某有名人にお会いした時に感じたことについて書きました。

※まだ読んでいない方は、是非読んでください(こちら

 

今回も引き続きその人の話です。

 

前回も書いたように、その人はある分野で日本一になったことがあるのですが、

他にもその分野で日本一になった人(別の年に日本一になった人)がいます。

 

しかし、今回お会いした人はメディアに出たりする頻度が他の人に比べ多いのです。

 

私はその理由がトークにあるのだと思っています。

 

その人は話すのが非常に上手で、

話を聞いているとすぐに時間がったってしまうほどです。

 

私の主観ですが、他の人はなかなかうまく話せていないように感じます。

 

その差がメディアへの露出の差になっているのだと思います。

 

メディアへの露出に差が生まれると

同じ日本一でも知名度がグンと変わってくるのです。

 

このようにより多くの人に認められるには、優秀なだけでなく伝える能力が必要なのです。

 

どんなに優秀でも、周りの人に伝えられないと共感を得ることがなかなかできません。

 

私もいろいろなブログを拝見していますが、

「結局何が言いたいのだろう。」

「言葉が難しすぎて理解できない」

「いろいろなことを伏せて話しているので

そもそも記事に価値がない状態になっている。」

「世界観が凄すぎて、全くついていけない。」

ということが結構あります。

 

そんな時に思うのが、

「投稿の前に身近な誰かに読んでもらえばいいのに」

ということです。

 

私も読んでもらうことがありますし、

ダメだしをされることもあります。

 

そんな時は素直に修正を行います。

修正内容は自分で考え、可能であればもう一度読んでもらいます。

 

こうすることで、少なくとも自分以外の1人は

読んで内容がわかる状態で投稿できるのです。

 

伝える力がついてきても、定期的に身近な誰かに読んでもらうということは

大事なことだと思います。

※この時に読んでもらう人は素直にダメ出しをしてくれる人を選ぶべきです。

 

慣れてくるとどうしても、自分の世界観が先走ってしまったり、

自分の当然が読み手には当然でないことに気付かないようになったりします。

 

 

素直に意見を言ってくれる人に読んでもらうことで、これを回避することができます。

 

人は共感によって多くの行動を起こすものです。

伝える力が足りないと折角の知識や記事が

台無しになってしまいます。

 

共感を得ることができないと成功もあり得ません。

 

今一度、伝える力の大切さについて考えてみるのもよいかと思います。

 

 

 

出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!