副業で上司の給料を超えた!!平社員のブログ

時間外労働は苦痛!? | 出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!


テーマ:マインド

 

%e6%95%99%e5%ae%a4

 

今回は、ニュースで読んだ記事について

お話したいと思います。

 

教員はブラック企業に勤めているのと同じ!?

 

先日ですが、

「新任教員の時間外労働平均が90時間以上!」
というような記事を読みました。

 

運動部の顧問をしている人で顕著だということです。

 

確かに私が中学生の時にも

運動部は休日抜きで部活に参加していました。

 

当然、顧問の先生も学校に来ているわけです。

 

中学生の時には疑問に思っていませんでしたが、
教員が休みなしで働くことは、ブラック企業と変わりません。

 

新任教員の中には自分の思い描いていた教師とは程遠いという
現実を感じるかも知れません。

 

そんな教員は、徐々に教師でいることが
嫌になってくるかもしれません。

 

そうすると、当然のことながら子供たちに
影響が出てくるわけです。

 

子供たちにも影響が出るということは

一般企業よりも大きな問題だと考えることができます。

 

 

全教員が苦痛に思う?

次に、ちょっと視点を変えてみましょう。

 

例えば、熱血教師にあこがれた教師が同じ状況だとどう感じるでしょう。

 

もし、休みの日も生徒たちと過ごすことが楽しくて仕方なかったら?

この時間外労働も苦にはならないと思います。

 

もちろん、過労死レベルの時間外労働はあるべき姿ではありません!

 

しかし、同じ労働でも感じ方が全然違うのも事実です。

これは当然ストレスの感じ方が大きく違うということを示しています。

 

教員とは未来を担う子供たちを育てる重要な仕事であることは

いうまでもありませんので、

 

「教員それぞれが目指す教員を把握し適切な対応を行う」

 

ということが、今まで以上に重要であり、必要なことなのです。

 

この先の詳細は、専門家にお任せするとして、

私は今回のことから別のことも感じました。

 

 

なぜ時間外労働が大丈夫?

 

教師の中には、
「通常ではNGレベルの時間外労働を行っても苦にならない」
という人がいるということです。

 

私の中学生時代にも、いつも学校にいる教師がいました。
時間外労働なのに楽しそうでした。
※子供にはそう接していただけかもしれませんが。。。

 

それには理由があると思います。

まず一つ目は、

「その生活に慣れてしまっている」

というものです。

 

習慣となっているということです。

 

そのため、当然と考えるので苦とは思わない。

ということになります。

 

この「習慣」というのは、非常に大事な考えなので

別の機会に詳細を紹介します。

 

次に、

「それ自体が楽しい」

ということです。

 

楽しいことをやる時に苦痛とは思わないですよね。

 

これはもう天職と考えていいでしょう。

 

ではあなたは、今の仕事が楽しいですか?

 

NO!という方が多いのではないでしょうか。

 

以前の私もそうでしたし、
今の本業も楽しいとまでは言えません。

 

楽しくない状態では、働けば働くほどストレスが溜まってしまいます。

 

 

未来をどうするかはあなた次第!?

そうはいっても「仕事だし仕方がない事だ」という方もいるかと思いますが、

そういう方は、今すぐに考え方を変えることを強くお勧めします。

 

考えを変えることができないと思うようでしたら、

今のままの生活を続けるしか道はありません。

しかしそれは私から見ると非常に残念なことだと感じてしまいます。

 

「そんな状態のままでは嫌だ!」という方は、

是非とも私のブログをこれからも読んで常に刺激を受けていただきたいと

心から思います。

※もちろん他の方からもどんどん刺激を受けていってほしいと思います。

 

話を戻しますが、私の場合、

「副業は楽しいですか?」

と聞かれると自信をもって

「楽しいです!」

と言えます!

 

楽しくなかったら、毎日本業の後に副業なんてできません。

 

副業は、完全に自分で仕事をコントロールすることができ、

私にはそれが非常に楽しいのです。

 

このように、楽しいことを仕事にするということは

苦にならないので、それだけで周りの人の何倍も有利になります。

 

もちろん最初から楽しいことを見つけて仕事にするのは難しいです。

でもいろいろなことにチャレンジしていると、楽しいと思える仕事が見つかるのです。

 

ここでもチャレンジ=行動が重要だと言えます。

 

あなたもそのような仕事を見つけてみませんか?

行動してみませんか?

 

副業ならば、大きなリスクを伴う
本業をやめるということは必要ないのです。

 

時間外労働に耐えるぐらいなら、
会社での評価ばかり気にせずに

本業もそこそこ頑張って
それ以外の時間を有意義に使ってみるのも
とてもいいものですよ。

 

注意)本記事は、企業などの時間外労働を推奨するものでは全くありません。

出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!