副業で上司の給料を超えた!!平社員のブログ

すべてはあなたが原因!? | 出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!


テーマ:マインド

 

balloon-912805_960_720

 

前回の記事に続き、今回も思考についてお話します。

 

よく言われる自責の思考についてなのですが、

この”自責”を本当の意味で理解している人が少ないのです。

 

 

自責ってわかっていますか?

「他責」と「自責」についての話ですが、

「自責」にならないとダメですよ!

ってよく言われていますよね。

 

でも、あなたは自責の意味を本当に理解できていますか?

 

私たちには、日々多くのトラブルが起きています。

そんな中で、「これは仕方がない」と思っていることってないですか?

 

 

本当の自責とは

 

次の内容について、責任が誰にあるかを考えてください。

 

1-1:仕事でミスをして、やらないといけない仕事が増えた
1‐2:お客様から急な要求で仕事が増えた
2-1:寝坊して遅刻した
2-2:台風や大雪で遅刻した

 

あなたは

○‐1は自分の責任と思いますよね。
○‐2はどうでしょうか?

 

お客様起因や天災などは、自分では制御できないので
仕方がないと思っていませんか?
しかし、これらすべてを自分の責任と考えるべきなのです。

 

あなたの身に起きたことには全て理由があり

そのすべてを回避する方法があったと言えるからです。

 

たとえ天災であっても、

もし過去に戻ってやり直せるならば、

何かしらの対策を打つことができ、回避できたはずです。

 

もちろん過去には戻れないのですが、

全てのトラブルに対して「自分にできることがあったはずだ」と考えることで、

今回起きたトラブルを次回の対策につなげることができるのです。

 

 

 

これを他人の責任や仕方がないことだと思うと、

この問題に対して、自分にできたかもしれない対策や行動を

考えることすらしなくなってしまいます。

 

 

他責で起きること

他人の責任と考えると

 

1:その人を責める
2:その人に嫌われる
3:その人の考えを変えよう(正そう)とする

 

と言うことが起きます。

 

この中でも

3:その人の考えを変えようとする

と言うことは非常に大変なことです。

 

それよりも自分が変わることの方が

他人を変えることよりも断然簡単なのです。

 

 

自責で起きること

自分の責任と考える=自分を変えると言うことになるので、

自分が成長できると言うことになります。

 

もちろん、自分を押し殺せと言うことではありません。

コントロールできる自分になるということです。

 

この自責の考えはビジネスの基本です。

 

もし経営者が、事業がうまくいかないことを

従業員や社会やお客様のせいにしたら、絶対に事業はうまくいきません。

 

 

まとめ

 

どんなことにも自分に責任があるということをお話をしましたが、

あなたは、自責の本当の意味が分かっていたでしょうか?

 

副業もビジネスです。

あなたは経営者になるのです。

ならば、この考えを持つ必要があります。

それが事業がうまくいく方法です。

 

当の意味での”自責”と言う考えを忘れないでください。

 

出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!