副業で上司の給料を超えた!!平社員のブログ

出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!


テーマ:成功の秘訣
夢中

あなたは夢中になれることがありますか?

 

随分と記事更新が遅くなりましたことをお詫びします。

 

前回の記事で、

身近なところにチャンスはある!

というお話をしました。

 

詳しいことは前回の記事を読んでいただきたいのですが、

私が知り合った方から、在宅で稼ぐ方法を教えて貰うという内容でした。

 

あれからというもの、

毎日その稼ぐ方法に没頭しています。

 

もちろん、会社には行ってますよ。

 

しかし、会社から帰ってからだけでなく、

会社での昼休みにもできることはやっています。

 

これが「夢中になる」ということですよね。

 

日々やっているのですが、

実はまだ全然うまくいっていません。

 

ですが、毎日楽しいと感じています。

 

そのため、他のことは最小限にして

今はそちらに全力を向けています。

 

そして、平日にずっと行動を続けているため

週末には疲れが溜まってくるのを感じます。

 

疲れるのは当たり前ですよね。

 

しかしながら、

週末にへとへとになっていてもツライとか苦しいと全く感じません。

 

これって、すごいことだと思いませんか?

 

まだ上手くいっていないにもかかわらず

日々時間の限り行動しても辛くないのです。

 

これで上手くいったらもう楽しくて仕方ないですよね!

 

今回の在宅ワークは私にとっては、とても楽しい内容です。

 

しかし、それがそのままあなたの楽しいことであるはずはありません。

 

当然ながら、楽しいこと、夢中になれることというのは

人それぞれ違います。

 

本人ですら、何を楽しいと思うのかをはっきりとはわかっていないことが多いのです。

ですので、実はやってみないと楽しいと感じるかは分からないのです。

 

今のあなたに夢中になれることがないのであれば、

何か新しいことを始めてみてはどうでしょうか。

 

それがあなたを夢中にさせてくれるものかもしれませんよ。

 

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:マインド
身近なチャンス

感度を高くするが大切!

 

サラリーマンをやっていると、

会社で働くことがすべてのような気がします。

 

世の中の多くの人が、同じように生きているので

その他の生き方について否定的になることもあります。

 

そのため、自分の周りにあるチャンスに

気づかないことが多々あるのです。

 

 

最近私は、ある人と知り合いました。

会社の同期の知人です。

 

その人は、家で仕事をしています。

 

会社に行かずして、毎月生活できるほどの収入を得ているのです。

 

私はその時に思いました。

 

自宅で収入を得る方法を教えてもらいたい!

 

あなたはどう思いましたか?

 

普通のサラリーマンだと、

そうなんだー。安定収入無いから大変だね。

と考えるだけで終わってしまうのではないでしょうか。

 

以前の私もそう考えていたと思います。

 

しかし、今の私はその方法が気になって仕方ありません

 

そして、その人と仲良くなり弟子入りすることになりました。

 

弟子といってもただ教えてもらうだけですが。。。

 

教えることをビジネスにしている人ではないので

無料で教えてもらうことになっています。

 

その代わりに、私の趣味のレクチャーをすることになっています。

 

Give and Takeですねw

 

その稼ぐ内容は今回の主題ではないのでお話しません。

本当に稼げるようになったら、記事にしたいと思います。

 

今回の大切なところは、

「身近に先生はいる」

ということです。

 

それに気づくことが大切なのです。

 

では、どのような人を探せばよいのか。

 

それはとても簡単です。

 

会社以外から収入を得ている人

を探して知り合いになればよいのです。

 

サラリーマン以外の人は、自分で収入を得ています。

 

つまり、サラリーマン以外の人は、

あなたに無いスキルを持っているということです。

 

それを、学べばよいわけなのです。

 

アフィリエイトを進めている私が、

別のことを薦めるのもどうかという気がしますが、

「何であれやってみる」という考えは重要です。

 

サラリーマンの「安定」に縛られず

新たな世界への行動をやってみるのも

人生の楽しみだと思いますよ。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:未分類
減点法と加点法

加点法と減点法

 

あなたは加点法と減点法どちらを使っていますか?

 

漠然として何のことやらですよね。

 

日本の社会は基本的に「減点法」で成り立っています。

 

今日は「能力」についての減点法・加点法の話をします。

 

 

まず、学生の頃を考えてみてください。

 

国語が得意で算数が苦手な子がいたら

先生はどうするでしょうか?

 

算数の勉強をさせますよね。

算数ができないという減点を補うように育てます。

 

これが「能力の減点法」です。

 

その子は国語が得意なんですよね?

 

その得意なところを「加点」して

更に国語を伸ばしてあげたらどうでしょう。

 

 

その子は「特化した能力」を手に入れます。

 

つまり、

減点法では平均的な能力、

加点法では特化した能力

が手に入るわけです。

 

今までの社会では、

平均した能力が役に立っていました。

 

しかしこれからの社会では

特化した能力がないと生きていけません。

 

これは、子供に限った話ではありません。

 

10年後もまだまだ働いている

今30代、40代の人も「特化した能力」が

必要なのです。

 

つまり、あなたも今までの「減点法」から

「加点法」に考えを改める必要があります。

 

しかし、加点法には1つ大きな障害があります。

 

当然なことですが、

得意なところができるということは

苦手なところはそのままということです。

 

つまり、

「お前はそんなこともできないのか」

といわれる可能性が高いのです。

 

しかし、あくまで「加点法」で考えていくならば

「得意なところで能力を発揮するから良い」

という考えを持ち

「苦手なところは気にしない」

と考える必要があります。

 

大人になると、無難に過ごそうとしますが

時代がそうはさせてくれそうにありません。

 

いち早く「減点法」の考えから抜け出し

「加点法」で考え周りの人に差をつけませんか。

 

 

 


テーマ:マインド
失敗したくない

失敗したくないと思ってはいけない!

 

物事を始めるとき

「失敗したくない」

と思いますよね。

 

特にサラリーマンは、

「失敗したくない」

と感じることが多いです。

 

あなたが副業を始めたときにも、

「成功したい、失敗したくない」

という考えが浮かびます。

 

この「成功したい」と「失敗したくない」ですが、

同義のように感じている人が多いのですが

あなたはどうですか?

 

実は「成功したい」とは思っていいのですが、

「失敗したくない」とは思ってはいけないのです。

 

「成功したい」はあなたの原動力になります。

しかし、「失敗したくない」は抑止力になってしまいます。

 

「失敗したくない」という考えを持っていては、

万全の準備をしてからでないと物事に取り掛かれません。

 

そのため、一生懸命に学び、準備し、すべてを把握し、

その後に「行動」に移ります。

 

その道のりは、結構長いですよね。

 

その結果、「失敗したくない」という考えは

行動すら起こさず、序盤で諦めてしまう原因になってしまいます。

 

行動すら起こさずに、やめてしまうならば

失敗してでも行動してみるべきですよね。

 

「成功」には「行動」が必要なことは

誰しも分かっています

 

その「行動」を抑制する考えは

当然のことながらよくない考えです。

 

「失敗してもいい」ぐらいの考えで

物事を始める方が、結果的に「成功」に繋がるのです。

 

つまり、

「最初から良い結果を出そう」

なんて考えてはいけないのです。

 

「最初からいい結果は出ない」という考えをもって

行動してみると、それだけでちょっと気が楽だと思います。

 

あなたが副業を始めるときにも、

「失敗してもいい」

ぐらいの気持ちで始めてみて下さい。

 

そもそも、ビジネスなんて最初から上手くいくはずがないのですから。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:マインド
たった一つのこと

 

前回のブログ(「長続きしない」を変える方法1)で、

「長続きしない」が起きる理由についてかきましたので

今回は、「どうやれば長続きするか」について書きたいと思います。

 

 

実は、これはとても簡単な方法でできます。

 

それは

「一日たった一つのことを達成する」

というやり方です。

 

この「たった一つのこと」は

ほんの些細なことで構いません。

 

というか、ほんの些細なことが良いのです。

 

例えば、何かを学ぶならば、

「昨日は知らなかったことを今日は覚えた」

でいいのです。

 

例えば、ダイエットだと

「昨日より1分多くウォーキングをした」

とかで構いません。

 

このような「些細なこと」が重要です。

 

達成が難しいことは

「面倒だ」「しんどい」

という感情を生みます。

 

それが継続を断ち切る罠なのです。

 

この方法は、

大きな目標を達成するまでには時間がかかります。

 

しかし、効率よくと考えて結局達成されない事よりも

時間がかかっても達成されることが大事だということです。

 

期限を切って効率的にと思い、

長続きしなかった経験のある人には非常に有効的な方法です。

 

あなたが、次に何かを始めようと思った時には

「一日たった一つの些細なことを達成する」

ということをやってみて下さい。

 

些細なことなので、達成できない日はありません。

 

この達成できない日がないというのが、

すでに継続できているということですよね。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:サラリーマン
働き方改革 週休3日

週休3日は本当に必要か?

 

運送会社で週休3日を導入することが話題となっています。

 

運送会社の週休3日

運送会社が、1日の労働時間が10時間の変則労働のため

週休3日を導入するとのことです。

 

以前から話題の「働き方改革」を

導入するという名目もあります。

 

通常は「8時間×5日=40時間」のところを

週休3日で「10時間×4日=40時間」とすることで、

週の労働時間は変わらないというものです。。

 

皆さんはこれをどう思いますか?

 

その話の前に、「働き方改革」とは

どのようなものなのでしょうか?

 

「働き方改革」の目的は

・人生を豊かにする

・長時間労働を我慢する社会を無くす

ということのようです。

 

いろいろな事件があったりするのでその対策として

「働きすぎて、病んでいく人を救いましょう」

という方針を立てたものが「働き方改革」だと、私は捉えています。

 

 

話を戻しますが、

運送会社の週休3日では、基本給はほとんど変わらないそうです。

 

しかし、労働日が減るので今まで通りに残業をやっていたら

1日の労働時間が長くなりすぎます。

 

つまり、残業時間が減り収入も減るということなのです。

 

そもそもの給料が多ければよいのですが

そうでなければ、生活水準を落とすしかなくなりますよね。

 

そのうえ、休日(お金を使う時間)が増えるのですから

ちょっと苦しくないですか?

 

「人生が豊かになる」とは限りませんよね。

 

その対策として、「休日の兼業を認める」

という話も出ています。

 

休日に働いたら、今までと同じですよね?

兼業は正規社員ではないので、時給が下がりますよね。

 

そうなると、労働時間が増えますね。

 

 

運送会社以外の週休3日

ちなみに、運送会社以外でも週休3日を取り入れるという話は

以前からありました。

 

その時には、

「業務の量は変わらないので家に帰ってから仕事をする」

という現象が発生することを問題視していました。

 

出世するには、帰ってからも仕事をして

成果を出すことが必要という状況が生まれ、

家庭を巻き込んだひどい状態になることが懸念されていました。

 

 

このように週休3日は何であれ、問題を含んでいると考えられます。

 

 

本当の「働き方改革」とは

そもそも、週休3日の根本的な問題は何なのでしょうか?

 

運送会社の問題にしても、他の企業の問題にしても

「働き方を決めるのが会社」

という前提で話が進んでいます。

 

しかし、

「働き方や、仕事の内容は自分で選択するべきもの」

ではないでしょうか。

 

「働き方改革」には「人生を豊かにする」という目的があります。

 

それを「労働時間の改善」だけで解決できるはずがありません。

 

「週休3日で収入が減っても良い」と考える人もいれば

「収入が減るのは困るから別の仕事もするしかない」という人や

「成果を出して出世を目指すのに週休3日は休みが多い」

という人もいるでしょう。

 

当然のことですが、

幸せには「時間とお金」が必要です。

 

時間だけでは幸せが成り立たないので

誰しも働いてお金を稼いでいるわけです。

 

 

「時間とお金のバランスを自分で決める」

ということが、「人生を豊かにすること」の手段であり

本当の「働き方改革」だと私は考えています。

 

もちろん「お金と時間のバランス」は

人によって違います。

 

なので、政府や企業だけがいくら頑張っても

それだけで「働き方改革」が上手くいくことはないのです。

 

とはいえ今後も、政府や企業の「働き方改革」への動きは加速していくと思います。

 

自由な時間を使って

「会社とともに頑張る」

「兼業をする」

「生活水準を落として楽しむ」

などの選択を迫られるのは時間の問題です。

 

あなたに合った「時間とお金のバランス」

今のうちに考えておくべきだと私は思います。

 

注意:

不当な薄給で、身体に不調をきたすほどの長時間労働を肯定するものではありません。

不当な企業は政府が抑制し、正当な状況下で個人が働き方を選択することを推奨したものです。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:マインド
長続きしない

「効率的」は魅力的!?

 

何かを始めても

「長続きしない」

ってことないですか?

 

そんな経験はない!って人は

なかなかいませんよね。

 

長続きしない時っていろいろな原因があるのですが、

その中で最も多くの人が犯している間違った考え方についてお話します。

 

まず、何かを始めるときって

「〇〇をいつまでに達成する」

という目標を立てるかと思います。

 

そしてそこから、日々何をすればよいかを決めていきます。

 

期限までに達成できるように、「効率的な方法」を探します。

 

探していくと、

「たった○ヵ月で達成できます」

「今までにない方法で簡単に達成できます」

という方法がたくさんあります。

 

まずここで、

「どの方法にするか悩んでしまい始められない」

という罠が潜んでいます。

 

次に、

「たった○ヵ月で達成できる」

ならもう少し余裕があるからまだ大丈夫という罠があります。

 

それも乗り越えて毎日努力をしたとします。

 

しかし、「たった○ヵ月で…」とか「簡単に…」というような方法には

「○○はわかっている前提で…」という言葉が隠れています。

 

きっとあなたは、その方法を始めて少し経つと

「あれもやらないと、こっちもやらないと、でもやり方がわからない」

という風になってしまいます。

 

「あー、、、今日はいいや、、、」

 

ってなりますよね。

 

さて、このような流れになることの大きな原因は何でしょうか?

 

長続きしない原因は、

長続きさせたいのに「期限を切る」ということです。

そして何よりも、

期限を切ることで「効率的な方法」を実行しようとすることです。

 

この流れからわかるように、

どんなに効率的でも継続できなければ意味がないのです。

 

当然のことなのですが、

本当に価値があるのは

効率性よりも継続性なのです。

 

大人になるとなんでも効率的にやろうと考えます。

 

しかし、「効率的」というのは

「続けられたら最も早く目標を達成できる」

というものなのです。

 

勘違いしている人が多いのですが、

「効率的だから続けられる」というわけではないのです。

 

そこで気になるのは

「どのようにすれば継続できるのか」

ということが気になりますよね。

 

長くなりましたので、その内容は次回にお話しします。

 

「長続きしない」を変える方法2

 

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:マインド
勝ち組、負け組

あなたは勝ち組?負け組?

 

「今の世の中、仕事があるだけ幸せ」とよく言われますよね。

 

もしかして、あなたもそう思っていませんか?

実はそれはとても危険なことです。

 

 

「仕事があるだけ幸せ」という言葉を

ちょっと言い換えてみます。

 

「どんな仕事でもあれば幸せ」

・・・

 

「どんな仕事でも喜んでやります」

・・・

 

なんだか社畜の発言になってきましたね。

 

 

 

世の中の大半の人は、人生のほとんどの時間を仕事に使います。

あなたも私も例外ではありません。

 

あなたは嫌な仕事をして人生の大半の時間を使ったとします。

それは幸せと言えますか?

 

そうは思えないですよね。

 

そもそも、今の仕事が楽しかったり、やりがいがあったりした場合に

「仕事があるだけ幸せ」なんて言わないですよね。

 

つまり、「仕事があるだけ幸せ」と言っている人は負け組なのです。

「仕事があるだけ幸せ」という言葉自体が、諦めの言葉なのです。

 

そういう私も以前は「仕事があるだけ幸せ」と思っていたので負け組でした。

 

私はこの負け組とは「自分に負けた」と考えています。

 

「仕事があるだけ幸せ」と思っている時点で

もっとなりたい自分があるはずです。

もっと自分に合う仕事がどこかにあると感じているはずです。

 

「仕事があるだけ幸せ」とは

なりたい自分になることを諦めた考えです。

 

だから「自分に負けた」と私は捉えています。

 

ですので、

今現在成功していないが、なりたい自分を模索している状態であっても、

勝ち組なのです。

 

 

今回の勝ち組と負け組の考え方は

他人と比較するものではありません。

 

勝ち組、負け組のどちらになるかは

自分の中だけで完結するものなのです。

 

つまり、自分次第なのです。

 

あなたは、勝ち組ですか?負け組ですか?

 

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:成功の秘訣
努力

人はなかなか努力できない!


 

あなたはどんな時に努力できますか?

 

人はなかなか努力できない生き物です。

人は誰しも楽な方がいいのです。

 

あなたも、もちろん私もそうです。

 

そんな人間が努力できる3つの状況があります。

 

 

必要に駆られた努力

あなたは、毎日会社に行きますよね?

そして、きつい仕事を頑張っていると思います。

 

そうしないと、生きていけないからですよね。

 

これが、必要に駆られた努力です。

 

実は皆さん、日々努力しているということですね。

 

 

誰かのための努力

これは、大切な人のための努力です。

 

我が子のためならば、どんなにきついことでも

頑張れると思います。

 

 

快感を得るための努力

人は快感を得るためにならば、どんな努力でもできるのです。

達成感、優越感、感動などがこれにあたります。

 

実はこれが一番大事な努力なのです。

しかし、多くの人はこれに気づいていません。

 

必要に駆られた努力や誰かのための努力は

長く続くとあなた自身が壊れてしまいます。

 

しかし、快感を得るための努力は

達成して快感を得る度に、あなたに更なる力を与えてくれます。

 

そして、快感とは無限に増殖します。

それ故に、走り始めると止まらないという現象が起きます。

 

快感を得る努力は、いつまでも努力し続けることができ、

あなた自身も壊れることはない、というすばらしい状況が生まれるのです。

 

しかし、この努力には欠点があります。

 

それは、

最初に快感を得るまでの努力がとても苦痛である

ということです。

 

例えば、副業での最初の快感とは

「最初の報酬を得る」

ということです。

 

成功者はよく、

「最初に売れたときにこれはいけると思った!」

と言いますが、これが良い例です。

 

 

快感を得る努力を見つけよう

このように

努力⇒快感⇒努力⇒快感⇒・・・

と続いていく努力を見つけることができたら

きっとあなたも成功者となれます。

 

今のあなたの努力が

3つのどれにあたるのかを考えてみてください。

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング



テーマ:サラリーマン
ロボットが職を奪う

ロボットに奪われない職は何か?

 

「ロボット、AIの発展で職を奪われる人が続出する!」

最近よく言われていることです。

※AI:人工知能

 

これは事実でしょうか?

 

 

はっきり言って事実です。

 

「そうは言っても、まだ先の話でしょ?」

と思いっている人が多いでしょうが、

すでにロボットにより職が奪われ始めています。

 

 

事実として

ソフトバンク製のロボットが日産車を売っています。

 

 

しかも、お客様をしっかりと判断して接客しています。

 

もちろん、ロボットですから顔も名前も前回の状況も

すべて忘れることはありません。

 

接客ですよ!

人とのやり取りをしっかりとロボットがやっているのです。

 

一度考えてみてください。

 

今のあなたの職が本当にロボットにできないことなのかを。。。

 

私もサラリーマンとしては

若干専門的なことをやっていますが、

ロボットにできないかといわれると自信を持てません。

 

ではどのような職がロボットに奪われないのでしょうか?

 

そのためにまず、ロボットの得意なことを考えてみましょう。

 

簡単に思いつくことは、

・単純作業

・論理的思考

・過去のデータの検索

などです。

 

これらから、

「ロボットは安全策しか取れない」

と私は考えます。

 

もう一度言いますよ。

 

「ロボットは安全策しか取れない」

 

 

・・・

 

 

「サラリーマンは安全策しか取れない」

 

 

・・・

 

 

あれ、ロボットってサラリーマンと同種ではないですか?

 

つまり、サラリーマンではない職に就くことが

ロボットに負けない職といえますよね。

 

アルバイトはいいのかなんて言わないでくださいねw

 

サラリーマンから最も遠い職と考えると

経営者ということになります。

 

多くの人が最も危険と考えている「自分でビジネスを行う」ということが

今後の社会では最も安全ということになるのです。

 

もうそれしかないのです!

 

とはいえ、いきなりは厳しいと思いまうので、

まずは副業から始めてみてはどうですか?

 

 


下記クリック頂けると嬉しいです。

↓↓クリック↓↓


人気ブログランキング


出世を目標としないサラリーマンが、副業で目標と日々の楽しさを見つけた!!その方法とマインドを公開します!